Newsweek2月23日号で北朝鮮特集やってたので読んでみた

瀬戸際の北朝鮮というタイトルで、北の現状と今後起こり得るシナリオを複数上げて検討しています。
戦争から内部クーデターまで色々上がってはいますが、結局かなりの部分が不確実で何とも決定打はない感じです。

そもそも北朝鮮側が今までもこちらの予想を裏切ってきた歴史があり、恐らくそれは今後も続く。
それと北を支援する中国とロシアは朝鮮半島で混乱が起こるのは何としても避けたいであろうということ。

もしかしたら混乱なく代替わりして緩やかに改革開放路線で融和していくかもしれないし、いきなり今年暴発する可能性もある。
ただ核とミサイル開発に資金を注ぎ込んでいる以上、世界全体で見たときに極東地域における限定的な脅威から、一段リスクレベルが上がるのは間違いないというのが当面の見方でしょうか。


www.newsweek.com

千葉そごうのチョコレートパラダイスに今年も行ってきた

会場何周もウロウロしてたんですが、結局3個位買って終了。
とりあえず今年はそんなに熱が入ってないので、買ったことないブランドをずーっと考えてたんですがあんまし惹かれるものなし。

結局前にも食ったことあるとこのをチョイスしてしまった感じです。

やっぱ値上げがねー。。。
買えるけど気持ちの盛り上がりに水を差すところはあるよね。

ただ今年は試食が各店再開してたので、初めて買うところは選びやすくなってましたね。
自分はコロナとかまだいまいち怖いかなーなので、試食は全部遠慮しましたけど。

ASTONEのカーボンフルフェイスヘルメット 「GT-1000F」を買ってみた

購入サイズはM。
自分の手持ちだとHJCの「CS-15」の国内正規品はシェルはLサイズで内装チークパッドで微調整する感じ。
AGV「K-1」の海外品は59/60cmのLサイズ使用。

公式サイトの注文だと1回だけ送料も無料でサイズ交換できるってことなので、違ってたら交換するつもりでサイズ選びましたがMでピッタリでした。

重量に関しては手に持った時は確かに一番軽いです。
ただ被ったときはCS-15は明らかに重いの感じますが、K-1はバランス調整されてるのもあるのかあんまり違いは分からん感じ。

静粛性に関してはシェルの厚みもあるのかな?
かなり静か。
音が入ってこないっていうのではなく、物理的に壁があって音を小さくしてるイメージが近い気がしました。

高速道路で90km巡航するくらいなら、風切り音とかも問題なく快適。

ただチンカーテンがちょっと小さいのとメッシュ状なため、下から冷たい空気ガンガン入ってきます。
チークパッドとの間に隙間あるんですよね。
ベンチレーション開閉すると違いは分かるものの、閉じた状態でも開けてるのとあんま変わらん気がする。
これに関しては体型とサイズ感の問題と、服装で首元ガードしてしまえばいいのかもしれません。
逆に暑い時は空気取り入れ量が増えるので、メリットになる可能性も。
空気が入ってはきますが、それで音がうるさいわけではないので寒すぎなければ問題ないといえばないです。

Doja Cat - Agora Hills

本作が収録されたアルバム「Scarlet」でドージャ・キャットが打ち出す方向性は分かるけど、やや冗長なんではという批評家の意見もあるとかないとか。
ヒップホップでパンクでというのは分かるんだけど、全体としてはまとまりがないんじゃという。
ただ彼女自身が発信してる言葉からすると「うるせー、これが私のやりたいことなの!」ってかえってくる気もします。

www.youtube.com

最高のショコラ2024&サロン・デュ・ショコラ・ガイド

今年も発売されました、サロショの公式ガイド本。
去年までと違う点としてタイトルに&とあるように、ブランドごとにサロショをメインにしつつ他のデパートとかのイベントも情報として載ってること。
まあそれはいいんですが、サロショのガイドとしては正直使いにくい。

そして為替の影響、原材料費の高騰とか、色々の諸事情により各ブランドやっぱそれなりに値上げされてますね。

去年はオンライン通販で朝から待機してたんですが、今年はそんなに熱が何故か入らず。
一応千葉そごうには行って現地で色々実物みて買いますが、通販はどうだろね。
千葉には絶対こないユミコサイムラだけはオンラインで買いますが、他は様子見かな。

って今見たら千葉そごうのイベントにチョコレートパラダイスがない?。。。
いつもこんなに発表遅かったかな。
ただバレンタイン催事でバイト募集してるし、ジャンミッシェルモルトローが公式サイト上で催事場でイベントって乗っけてるからやるはずだよね。