バイクヘルメット AGV K-1をFC-MOTOで買ってみた

今回購入したのは海外モデルLサイズで頭囲でいうと59/60cmサイズ。
自分で測った頭囲は57ちょっとですでに持ってる物だとOGKのRyukiはMサイズでHJCのCS-15は国内モデルLサイズ。

アジアンフィットじゃないので大きめがいいだろうってのは分かるんですが、果たしてワンサイズアップでいいのかはギャンブル。
なのでとりあえず一番下のエントリーモデルをキャンペーン割引使って買ってみることにしたのでした。

注文時の納期表示だと2週間くらいで届くってあったんですが、色々スムーズだったのか1週間で到着。

さて早速被ってみましょう。

まず入り口なんですが欧米ヘルメットによくある狭さ。
きついので入り口を広げても耳が若干引っかかります。
でも一度入ってしまえばインカム用のくぼみがあるので、耳が圧迫されることはなし。
内部のサイズも若干きつい感じはありますが、1時間以上走ってみても痛くなることはなかったので問題ないでしょう。
これからパッドがヘタったりって考えると、これ以上大きいとゆるすぎになると思います。

脱ぐ時は耳引っかかってちょっと無理やり気味。痛い。
これはしょうがないですね。。。

あとメガネユーザー的にはメガネ超入れにくいですこれ。
一応スリットでメガネ対応なんですが、手持ちのヘルメットでできる普通にかぶって正面からメガネをインってのができません。
アジアンフィットじゃないからか、サイズ的な別の問題なのか分かりませんが。
まず半端に被ってからメガネを差し込んで、その後メガネごと下にヘルメットを押し下げていって耳に合わせるしかありませんでした。
なんかやり方あるのかなこれ。
一度かぶってしまえば痛くなったりもせず快適なんですけどね・・・。

ベンチレーションは頭部上側に3箇所あって風の通りはいい感じ。
全開状態だとRyuki、CS-15よりも風を取り込んでくれてると思われます。

デザイン的に特徴的な後方部のエアスポイラーのおかげか高速走行時の安定性も上々です。
高速道路の直線時も風を受け流してるのかブレも少ないですし、静音性も無駄な風切音減少に貢献してるんではないでしょうか。

あご紐はDリングタイプでまあそれはいいんですが、若干問題あって。
何かって言うとDリング付いてる側がとっても短くて、すげーセットしにくいの。
両方合わせてセットすればぴったりで問題ないんですが、被ったときに奥の方でチョコマカ指突っ込んでリングに通すの大変です。


いくつかマイナスポイントはあるものの、全体的なバランスも値段考えると高くまとまってていいヘルメットじゃないでしょうか。
キャンペーン価格でアジアンフィット版の半額で買えたし。
あと気に入って買ったデザインそもそも今日本だと取り扱ってないんだよね。。。
それも海外通販した理由の一つなんだけど。

OGKのシステムヘルメットRYUKI

数カ月ぶりに被ってみたんですが、やっぱうるさいんだよね、これ。
自分の頭に合ってないのもあるかもなんですが、半分くらいの値段のHJCのCS-15のほうがずっといい感じなんですよね。。。
あと根本的なところで、システムヘルメットって自分にとってそこまで必要じゃなくね?ってのがこの半年バイク乗った感想でした。

フルフェイス被ってても特に不満なことほとんどないし、だったらあえてシステムの必要ないよねっていう。

静脈内鎮静で使う薬がプロポフォールだけになった

これまでずーっとミタゾラムとプロポフォール併用してたんですが、前々回くらいからプロポフォールだけになりました。

何で減ったのか・・・は先生に聞いてないから分からんけど。
ミタゾラムなくなったからといって鎮静の効果は変わらずで、いつもお昼寝タイム状態。
薬入って数十秒後に「終わったよー」で起こされるという。

でもその後の覚醒が全く違ってて起こされて5分くらいでほぼ頭はすっきり。
足のふらつきもほとんどないので、これまであった30分位の覚醒待ち時間も10分程度に。
治療後もすぐに先生から何やったかの説明も聞けて、しかも記憶飛びもほぼなし。

弱点というかデメリットとしては最初の投与時の血管痛が増えたことでしょうかね。
激痛っていうのでもないので全然問題ないレベルですが。

KOMINE JK-604 プロテクトKVパーカ

表地にデカいメーカーロゴとかなくて、着てみてもプロテクターがそんなに目立たないバイク用パーカ。
ちゃんと見れば明らかになんか中に入ってるなって、膨らみがありますが。

防風性に関してはとくに考慮されておらず、生地の厚さのみで風をさえぎる形。
なので真冬はつらいですが、逆に今くらいの季節で気温25度くらいまでなら中にインナー1枚か2枚でちょうどよく走れます。
停車して歩くとかなると暑いですが、そしたら脱げばいいだけですよね。

寒いほうに関しては気温10度くらいまでなら、インナーかこの上に耐風性あるのを着れば走れるとは思います。

以上のように色々万能というか結構広いシチュエーションで使えるんですが、逆にいうと中途半端感はあると言えなくもない。
性能全振りのバイクウェアには劣るし、かといって観光地でこれ着て歩くかってなるとちょっと微妙かも。
色々こだわって着たいって人より、とりあえず適当にバイク乗ってもしかしたら途中でフラッとしばらく歩くみたいな人にはいいんじゃないでしょうか。

値段も1万ちょいで買えるしコストパフォーマンス高い、んですが最大の弱点が色落ち。
そんなに使ってないのにネイビーが、すごい勢いで日焼けしてどんどん紫に変色していきます。。。
せっかく普段着感覚で乗れるのが売りなのに、こんだけ色おかしくなったら全部台無しじゃんね。。。