自立支援医療(精神通院医療)の申請

を役所でしてきました。
申請して認可されると、保険で自己負担3割の心療内科診察と薬の支払いが1割負担にまで下げられます。
さらにその1割の支払いも月間で上限額が設定されるので、何回も通院してしまって1回の支払いは1割でも総額の負担が変わらないということもなくなることに。
正式な受給者証がくるのは2ヶ月くらい先なんですが、申請書の控えを病院で出せば受給者証来てなくても負担減されます。
ただ病院によっては受給者証じゃないとダメってとこもたまにはあるらしいです。
その場合は受給者証来るまでは3割負担で払っておいて、後から返還受けるって手続きになるそうな。


最初の申請時に診断書が必要で、今の病院だと5千円でした。
現状だと月間で診察と薬代で3割負担で7000円くらい払ってますが、1割になると大体2500円くらいかな?
そうすると5千円っていっても、1ヶ月分の減額ですぐに超えちゃうんですね。
今飲んでるレクサプロはジェネリックないから薬代高くなっちゃうのでありがたいです。


手続きに必要だったのは診断書以外には以下のようなもの。

・申請書
これは窓口でどこに何書いてって全部教えてもらって記入したので事前には不要でした。

・保険証
写しが必要って書いてあったりしたんですが、現物持ってけばその場でコピーしてくれました。
役所のコピー機でやってくれたので当然コピー代かからず。

・マイナンバーカードかナンバー通知カード
カードそのものじゃなく、申請書にマイナンバーを記入するのに必要だっただけで番号が分かってればいらない?
まあ必要な自治体があるかもなので、持っていった方がいいですね。

印鑑は自分が住んでる自治体では代理申請時のみ必要。
本人申請の時は署名だけで大丈夫でした。

所得によって月額の上限が決まるので、所得の証明も必要なんですがこれは自治体側で申請時に窓口で
今調べてきたよってさくっとデータ取り出してきてくれたので今回は不要。

東芝の14TB HDD「MN07ACA14T」購入(が1台目は初期不良で交換に)

届いてさっそくケース内に設置してみたんですが、初回電源入れた時点ではBIOSで見えたんですね。
で大丈夫と思ってWIndowsに入ってクイックフォーマットして別の作業して一度電源落としたんです。
再起動後にしっかり初期チェックしようと思ったら、Windowsから認識不能に。

え?と思って電源落としてBIOS入ったら、今度はBIOSからも見えなくなってる・・・。
触ってみると振動はしてるので、通電はしてるんですが。
ケーブル不良、接続が浅いのとか疑って他の生きてるストレージとケーブル交換してもやっぱり認識不能。
BIOSの設定とかかな、と思って設定変えてとか色々やったものの結局全然見えないのでサポートに投げてみました。

結果、恐らく初期不良なので交換品送りますねってことで交換対応に。

そして交換品が届いてつなげた結果無事に認識可能に。
いつものようにData Lifeguard DiagnosticでExtended Test→ゼロフィル→再度Extended Testとやって
エラーなく完了。
かかった時間はExtended Testが1回で15時間くらい。
ゼロフィルで13時間とか。
さすがにでかいドライブだと時間はかかりますね。

とりあえず初期不良はないようなので、これからデータを移していきます。


Ryzen 9 3900X 搭載BTOPC届いた

旧PCからグラボとストレージ移植完了。

少し心配だったのはGTX1080が全長279mmでCoolerMaster CM694の対応サイズが280mmまで。
この数字はドライブケージとグラフィックカードスタビライザー付きの時の。
移植前提で考えてたので、注文後に対応クリアランス見てちょっと焦りましたが特に問題なく取り付け。

そしてこれよりちょっと危ないかと思ったのがCPUクーラーのNoctua NH-U14S。
高さが165mmでケース側のクリアランスが171mmまで。
設置自体は全然問題ないんですが、側面パネルが通常の金属板タイプだとちょっと力入れ間違えて
ガリってケース内部にズレてしまうとクーラーにガツンと当たりそう。

自分は側面強化ガラスパネルタイプにしましたが、ガラスだと取り付け時に下のガイドに乗せて
外側に傾く形になるので、クーラーに当たる心配なしでこの辺全然考えてなかったけど結果オーライでした。

新しいPC注文した

サイコムBTOで発注完了。

  • CPU AMD Ryzen 9 3900X

現在使ってるのがインテル第4世代のCore i5-4690という結構前の代物。
マザーボードごと総取替なので、どれでも選び放題なんですがインテルはここ最近どうも調子よくないんですね。。。

出たばっかのインテル第10世代は爆熱、の割に性能は限定されたゲーム性能とかでRyzen上回るかって感じ。
価格も同等か、それ以上。

かといって第9世代はというとRyzen以上じゃなくてもそこそこ使えるけど、ソケット形状が違うので10世代以降と互換性がなくなるという・・・。
いや多分また数年は買い替えないので、その辺は多分どうでもいいかなって感じですがまあ気分は良くないかなー。
性能が上回ってるならまだしも、Ryzen同等かそれ以下でお値段変わらずかむしろお高めですし。

ということでRyzen、どうせ数年は使うので先を見越してなるべくハイエンド寄りにしました。

  • CPUクーラー Noctua NH-U14S

Ryzen 9 3900Xあたりからは使い方によっては水冷必須というクラスらしい。
サイコムでもさらに上位の3950Xとかだと水冷クーラーしか選べなくなりますし。

ただそこまでぶん回すわけでもないし、空冷のほうがメンテとか楽だしで選べるなかで最上位の空冷クーラー選択。
サイズはでかいので、メモリ全差しとで干渉するかどうかとかケースに入るかは自作する場合は要確認ですね。
今回はサイコムで全部やってくれてるので、その辺は問題なし。

  • マザーボード ASUS ROG STRIX X570-F GAMING

ASUS AMD AM4対応 マザーボード ROG STRIX X570-F GAMING 【ATX】

ASUS AMD AM4対応 マザーボード ROG STRIX X570-F GAMING 【ATX】

  • 発売日: 2019/07/07
  • メディア: Personal Computers
今使ってるASUSのH97-PROに特に不満もないのでASUSから選ぶことに。
マザボはこだわりもあんまりないので、耐久性考えたらちょっと値段張ったほうがいいかなーくらい。

  • ビデオカード なし

今使ってるGTX1080流用します。
まだこれでも戦えるでしょう。
予算の兼ね合いもあるし、次世代待ちつつね。

  • 電源 Corsair RM750x

個人的にサイコムBTOがいいなって思う点の一つは、限られるにせよ電源をしっかり選べるところですね。
650Wでも十分じゃないかって感じですが、余裕見て750Wにしてみました。
安定のCorsair電源。

  • ストレージ SSD1台

システムドライブ用に500GBのSSDだけ。
他のHDD、SSDは今のパソコンから移植します。

  • ケース CoolerMaster CM694 TG

まあこの辺もあんまりこだわりなし。
ガラスサイドパネルも・・・なくていいけどグラボとか光るし一応変えとくか。
あと静穏性よりはメッシュがある冷却性重視の方向のケースがいいかなくらい。


ってな感じで総額20万円ちょっとという感じです。
グラボなしで20万円。。。
結構行ったけど数年使うこと考えたら、まあこんなもんか。。。
と自分に言い聞かせてます。

自転車乗ってきたけど暑くてやる気が尽きる

早番シフト終わりにたまには体を動かさないと。。。
と頑張って自転車乗ってみる。

なんとなく昔通りがかったことある史跡のこと思い出して、距離も往復40kmくらいで丁度いいかなと思って出発。
10時前に勤務終わって走り出しましたが、多少風があるもののドンドン暑くなってくる。

真夏に比べれば全然マシではありましが、それでも暑いのは暑い。
途中止まって水分とエネルギーバーを補給したんですが、その時点で頭から汗たれてくるし気力がドンドン萎えてくる。

結局途中で帰ることにして、30kmくらいしか走れず。
うーん、全然運動になってないですね。。。